読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

仕事 仕事

『とくだね館』七不思議の一つに「中古釣具のいずみや」のアクセス数の多さがある。
自宅近くの団地内ショッピングセンター内にある酒屋さんが、趣味がこうじて釣具も扱うようになり、インターネットで通販も行うようになったお店だ。
『とくだね館』掲載の店舗情報ページをご覧になれば、何の変哲もない小さなお店だということがおわかりいただけることと思うし、ページ自体にもとりたてた美辞麗句が並んでいるわけでも、おトクなとくだね情報があるわけでもない。
それでも…毎月ダントツのアクセス数を上げているのだ…。

ちなみに、検索エンジンで「中古釣具」と入れると、とくだね館の該当ページがかなり上位で出てくる。
うちのページがひっかかった後、自前のホームページにお客さんが飛んで釣りざおを見る…どうもそういう流れになっているらしい。
長期間にわたって上位アクセスカウントを記録しているので、本日、上司1がお店にうかがいログ解析の結果をお話して「もっと更新情報をいただけたら効果があがると思いますよ」とお話させていただいたのだった。

当然のことながら、こじんまりとしたお店が趣味でやっている部門がヒットしてしまったものだから、店主本人はさらりとしていらしたようだ。
わざわざつり竿の写真を取ったり、とくだね情報の文言をFAXで会議所に送るのが面倒なご様子だったとのこと。
だろうねぇ…それは他の会員さんで経験済みだからよくわかる。
けれど…公的機関である会議所は、検索エンジンにとてもよくひっかかりやすいので、せっかくだから活用していただいて、お店の経営を安定していただきたいじゃないの(*^-^*)
上司1は「写真取りに伺いますから」と、気軽に更新情報を出していただけるようお願いをしてきてくれたのだった…。

他にもいくつか別件の用事の外廻りも済ませて帰宅してから、ふっと彼が「携帯の画像ってWebに耐えない?」と質問してきた。
携帯に備えられているカメラの性能にもよるけれど…飲食店の料理画像だと厳しいかもしれないけど、なんとかなるんじゃないのかなあ…。
早速画像の精度のテスト。
上司1の最新式のやつと、その一つ前くらいのKさんの携帯画像を送ってもらった。
FTPでいちいち上げるのが面倒だったので、こんなところにテストしてみました(笑)

上から上司1の携帯カメラの画像。
愛猫を接写したこの画像の大きさはノーマル指定で、ファインモードだそうだ。(ちなみにドコモ。)
スーパーファインモードというものもあって、それはそれは美しい。
うーん、こんなに綺麗なのね…。
続いて2段目以降は、ラーメン大好きなKさんの携帯カメラで写したもの。
大きさはL、上段が「暗闇モード」、下段が「標準」とのこと。(こちらもドコモ。)
携帯の画面で画像を見ると、Web上で見るより少し暗めになるので「暗闇モード」なんてのがあるんだろうなあ…。
Webにあげるとフラッシュ炊いた部分が白く光ってしまっているのが残念。

正直なところ、これほどまで多機能になっているとは思っていなかったのでビックリ。
デジカメ持っていなくても、携帯持ってる店主は多いので、今後これをうまく活用してもらおうという話になる。
上司1は「自動的に『とくだね館』にリアルタイムで反映されるような仕組みが出来るといいんだけど」といつものように、ものすごい注文をつけてくれた(^-^;
マイタウン浦和で最近、同様のサービスが始まってることを告げると「もちろん、うちの場合はお金をかけずに、だよ(笑)」だって。(;;)
今月末で退職なさるプロバイダのSEさんに相談すると「初見でも50万はかかる仕事」って当然のことを言われて、上司1もあまりプッシュしなくはなったものの、何かまた新しい仕掛けを考えないといけないってことなんだろうねぇ…時代に対応したやつを。

その一方でアナログなLのページを作る日々。

ところで…美しい、とか潔い、とかいうのは、こういうことを言うのだなあ…というサイトで目の保養。


●Personnel
 http://members.jcom.home.ne.jp/jintrick/Personal/index.html

思想系のサイトだが、CSSについての解説もきっちり。
こちらの管理人さんのポリシーは本当に潔ぎよい。