読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

その他 その他

昨日、久しぶりに都内に出向いた。
インターネット字幕に関わり出してから慌しくなり精神的・時間的に余裕がなくなり「おやすみ」状態だった、あるマーケティング会社の委託仕事を再開しようと思ったためである。

その会社は、マーケティングとリサーチを行っている会社である。
いわゆる消費者モニターとは異なり「○○がよかったです」「こういうところを改善して欲しいです」といった情報を扱うのではない。
意見ではなく事実を扱うのだ。
ある商品に対してのネガティヴな意見なら、比較的誰でもみつけやすい。
もちろん、ある商品に対して欠点なり欠陥がある場合に指摘し改善していくことは必要なことではあるが、得てしてこういった類のモニタリングは、ごくごく表面的なものに終わりやすいのだ。
私が委託を受けている会社では、仕事を委託する主婦要員に独自の研修を行う。
全体での一斉研修あり、マニュアルでの自宅研修あり、プロジェクトごとの研修あり…とバラエティに富んだ修行が続く。
そうした研修を受けた上で、毎日たくさんメールで流れてくる仕事依頼の情報の中から、自分の予定と能力にあったアサインをチョイスし、納期内にデータを収めるのだ。
その会社の全体研修が、かなり久しぶりで開催されたので、都内まで出かけた…というわけである。

もともと東京都民だった時期も長く、都内の地理・交通には明るいほうだと思っていた。
ところがどっこい!
まず、新宿駅で迷子になりそうになったのだ(;;)
あまりのことに情けない気持ちでいっぱいになった私(笑)

新宿駅は大規模工事のまっ最中で、ダクトがあちこち剥き出しになり、ビニールシートとベニヤ板で覆われた天井や壁のため、方向感覚が狂ってしまったのだ。
まして、昨日市ヶ谷の貸し会議室まで出向くために乗らなければならなかった「都営大江戸線」には「都営16号線」と呼ばれていたときから、まだ3回しか乗ったことがない。
JRの新宿駅から、都営大江戸線の駅までの距離の長さに面食らった。
ゆうに一駅分は歩いたであろうか…やっとホームに辿りつき、滑りこんできている電車に乗ったものの、座席も車幅も窮屈でなんとなく圧迫感がある。
うーむ、何度乗ってもこの線は苦手だ。
他の地下鉄(丸ノ内線有楽町線、千代田線など)は、このような圧迫感を感じないのだが、なぜだろうか…。

新宿駅から乗車すること6分、目的地の駅に到着。
時間ぎりぎりだったので、他の受講生のみなさんは既に着席状態。
午後1時半〜5時までの集中研修が始まった。

この会社の仕事内容は、かなりバラエティに富んでいる。
アンケートの回収や店舗調査だけでなく、グループインタビューがあったり、キッチンフォーラムがあったり、ホームユースでの使い勝手検証など多岐にわたる。
インターネットの登場により、この会社が地道に行っていたリサーチ&マーケティングの手法によく似た形態を取る会社が昨今目立ってきた。
2ちゃんねるに代表されるような巨大掲示板でも、さまざまな製品に関する情報が流れるようにもなってきている。
クライアントの側に立ってみれば「○○でなくてもいいのではないか」と他の企業に目を向けたりもしたようなのだが、こういった同業他社が乱立してくればくるほど、皮肉なことに「定性情報の質」があらためて見直される結果となったようだ。

前述したとおり、ネガティヴな意見や「これこれこうして欲しいです」といった類の情報なら、いたるところに転がっているのがインターネットのスゴイところだ。
しかし…こういう情報は企業にとって本当に知りたい情報たり得ているのか、というと実はそうではない。
そして、そのことに企業側も気がつき「やっぱり質が大事。きちんと訓練をうけた○○さんたちはスゴイ!」という評価をいただいているようなのだ。
私は2ちゃんねるが好きではない。
あの板からは独特なネガティヴオーラというか…「いいっ放しでいいじゃん」的オーラが出ているような気がして、どうも読む気がしないのだ。
といった次第で、私達も更なるパワーアップを必要とされているので、今年度からあらたに導入するシステムや仕組みもあり、全体研修とあいなったのである。
帰宅時間の関係で早退させていただいたのが残念であったのだが、研修後には親睦をかねた懇親会(立食パーティ)もあって、先輩のリサーチャーさんたちと親しく交流を持つ機会も設けてくれていた。
会議所の仕事とのバランスを保ちながら、今年は眠らせておいたこの方面の仕事感覚を、もう1度研磨してみようと思っている。

ところで都内に出てビックリしたことがもう一つ。
なんと山手線のボディ(車体側面)に広告が印刷されていた!
今月創刊されるある雑誌の広告が、あの銀色のボディにでかでかと転写され、目を引くことといったら…(^^;
都営大江戸線のなが〜いエスカレーターの手すりにも、某携帯電話会社の広告がプリントされていた。
いずれも、いやがおうでも目に入る場所でのコマーシャル。
これで購買率はどのくらいアップするだろう…。

花粉症そろそろ。
毎年恒例のアロマグッズのお世話になりはじめた。
ここ数日このホルダーに入れて持ち歩いているのはティートゥリー。
去年の使い残しだから、ちょっと香りが薄いのがたまにキズ(笑)