読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

『鋼の錬金術士』フェスティバル

公式パンフレット(表)

12/26(日)、ずっと楽しみにしていた『鋼の錬金術士』フェスティバル東京大会に息子と一緒に参加しました。
一人5500円の出費は年の瀬にちと痛かったけれど、ハガレンファンとしては参加せずにはいられなかった(*^-^*)。
(写真は、フェスティバル公式パンフレットとIDカード。左が表面。右が裏面。)

毎週土曜日の放映を楽しみにしていたこのアニメ。
今はもうCATVで再放送を観ることしか出来なくなってしまったのが残念。
少年ガンガン」の連載もめちゃくちゃ面白いけれど、質の高い映像と音楽がミックスされたアニメ版「ハガレン」はさらに魅力が倍増。大勢のファンを魅了した素晴らしい作品です。


フェスティバルはとっても盛りだくさん!
ことに声優陣の生アテレコは最高でした。
主人公のエドワード役・さん、その弟のアルフォンス役・釘宮理恵さん、エンヴィー役・山口眞由弓さん、ロイ・マスタング役・大川透さん、マース・ヒューズ役・藤原啓治さんのお顔を拝みながらアフレコが聴けるなんて・・・。
なんとロイとエドのキャラクターソングまで聴くことが出来ました。
それにしてもロイ・マスタング人気のすさまじいこと(^^;
3つあるスクリーンのどこかにロイが映るたび、黄色い歓声があちこちから瞬時に沸き起こるすばやさに驚きの連続です。

朴さんは思っていた以上にエネルギッシュでキュートな方。
今日、息子と『シャーマンキング』の再放送を観ていて「道連」の声が朴さんだったことに気がついたのですが、あの独特な深みのある声を同じ空間で、しかも生で聴けたのは本当に幸せなこと。
釘宮さんは、どちらかというと普段の声はシュガーボイスで「どこからあれほど男の子の声が出せるのだろうか」と思うほど、地声と役の声が違う方。
おそるべしプロの技・・・。

ロイ役の大川さんは、和田慎二さんみたいな風貌の方。
(和田慎二さんをご存知ない方のために簡単な解説すると『スケバン刑事』とか『超少女明日香』などの名作を描いた漫画家さんの名前。最近の活動などについてはファンサイト『WADA LAND』参照のこと。)
やさしいクマさんみたいなお顔と対象的な、あのロイのクールで二枚目、若々しい声に息子はビックリ。
「オレのイメージとだいぶ違う・・・」とはじめはビックリしていたようだけれど、やわらかでおだやかな大川さんの笑顔の魅力に後半は違和感なく声を聴くことが出来たようです。

私が一番ビックリしたのは、マース役の藤原啓治さんの、なんとも都会的やんちゃ坊主おしゃれ青年みたいな風貌!
ケロロ軍曹』のナレーション、『クレヨンしんちゃん』のヒロシ役といった、どちらかというとくずした路線の役が多い方だから、もっと年季と年輪を重ねた風貌の方かと思っていたのだ。それが・・・なんといったらいいのでしょう・・・。
唐沢利明とスガシカオさんを足して二で割って、すごく小洒落た感じにしたような雰囲気だったのです。
以前からファンだったけれど、ますます大好きに(*^-^*)。
マーズはテレビ版で非業の死を遂げてしまっているので、2005年夏の映画には今のところ出るかどうかわからないとのこと・・・。マーズファンは多いと思うので、監督是非ご一考ください!

映画の予告編を観ることが出来たのも嬉しかったけれど、オープニング・エンディングに流れた曲を生で聴くことが出来たのも素晴らしかった。
大阪大会でラルクが歌ったと書かれていたから期待していたのだけれど、東京ではラルクの出演はなし。
北出菜名『消さない罪』、Yellow Generation『扉の向こうへ』、COOL JOKE『UNDO』、Sowlu『I Will』など、どれも聴きごたえ十分な曲ばかり。
ハガレンは画面のクオリティの高さもさることながら、楽曲のクォリティも高くて「これでひとり5500円は安かったなぁ・・・」とすっかりコンサート気分満喫。
息子はしきりとアリーナ席を羨ましがっていたけれど、さすがにひとり1万円以上の席は取れなかったんだよね(^^;

コスプレした女の子たちがたくさんいて、息子はその様にも驚いていました。
高校時代、漫研所属の友人が多く、しかも同じ同好会のメンバーでプロの声優になった友人もいるので、母(私)にとっては格別珍しくもない光景なんだけど(^^;

一番多かったのは、やはりエドワードのコスプレ。
ついでロイ。当然といえば当然だと思うけれど、鎧姿のアルとか、マッチョなアームストロングのコスプレは、さすがに無理だったのかしら・・・。
「この次、イベントがあるときにはオレもああいうの着て参加したい」とは息子の感想。

私「私も着ていい?」
ふ「え?(ちょっとたじろいだらしい・・・) 誰の格好するの?」
私「エドじゃなくてロイかホークアイ、かな」
ふ「それならいいや(かなりほっとしたらしい(笑))」

コスプレの衣装はどれもこれも水準が高く、いくつかはネットのお店で拵えたものと思われるもの。
私はあまり器用じゃないから、もし親子揃ってコスプレするとなると、やはりどこぞにお願いして作ってもらったほうがいいんだろうか・・・。
親子二人して楽しい妄想はどんどん膨らむのでした。

ハガレン」熱が覚めやらぬので、毎日二人でCDをかけて歌いまくり、ネットで「鋼の錬金術士占い」なぞやってみました。

私の結果は・・・
あなたは【リザ・ホークアイ】タイプです。

いつもクールにまわりの状況を分析しているあなた。
何事にも動じない度胸のよさと、冷静に状況にたいする判断を素早くくだすことのできるあなたは、『鋼の錬金術師』のキャラでいうならば【マスタング大佐の右腕・リザ・ホークアイ中尉】がぴったりです。
自分の為すべきことのためには、どんな犠牲も厭わないという強靭な精神力があなたの持ち前。
守りたいものを持つことで、あなたは強くなることができるのでしょう。
ネーミングセンスはいまひとつのようですが、あなたのそのクールな魅力に惹かれる者が多いようです。

あなたの運勢向上アイテム:守りたい人

との結果。
息子に話したら「リサって怖いんだよね。犬もピストル撃って調教したんだもの」だって。
ガンダム占いのセイラさんに引き続き、どうしてこう・・・(以下略)