読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

ゆたぽん

ゆたぽんの画像

布団が冷たい日が多いので「昔ながらの湯たんぽが欲しいなあ・・・」と思っていました。
平日は仕事に出ているため、なかなか大きなホームセンターに行くことが出来ません。
家の近所のスーパーマーケット(マミーマートなんかです)には、当然のことながら金属製の「湯たんぽ」なんかおいてないし、土日に探そうと思っていたところ、金曜日あたりの天気予報で「雨か雪」と判明・・・。
しばらく冷たい布団に足を差し入れる日が続くのか、とあきらめていたら、職場隣の生協でこんなものをみつけました。

発売元は「白元」です。
息子の分と自分の分の2つをレジカゴに入れて、野菜と一緒に清算しようとすると、レジのパートさんも「あら? これなんですか?」と質問してきたくらいだから、まだ入荷して日の浅い商品だったようです。

真ん中に映っているのが「ゆたぽん」を入れる外袋。
右側にあるジェル状の袋を電子レンジに入れて温めます。
温め時間は2分〜2分半ほど。
これで5時間程度保温可能とのことです。

購入したその晩から、早速試してみました。
外袋に入れて使うので、直接熱が足に触れるわけでもなく、ほんわかした温かさがじーんと伝わってきます。
寝るまでの間、足元に置いておいて布団を温めた後、布団に入ってからは窓側の足の脇に置いて外気の冷たさをシャットアウト。

はじめは「ぷにょぷにょしていて、なんだか気持ち悪い・・・」と言っていた息子も、今では『ゆたぽん』のファンに。
なぜか我が家では「ぽぽたん」という愛称で呼ばれています。
(単に息子のいい間違いがそのまま定着してしまったんですけど。
なんとなく『ぽぽたん』のほうが可愛いです(^^)。)

朝起きて触ってみても、ほんわかと温か。
どのくらいの期間使い続けられるものか分りませんが、昔ながらの湯たんぽがみつかるまでの間、しばらく使ってみるつもり。