読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

病院の込み具合、わかるといいな・・・

本日、息子が熱を出したので仕事のお休みをいただき近所の内科に連れて行きました。
このところ風邪をよくもらってくること多いよね、息子よ・・・。

昨日、寒い中薄着でともだちと遅くまで遊んでいたのも祟っているとは思いますが、部活偏重ゆえのジャージ登校(市内で息子の学校のみの措置です)の中学校のため、部指定のウインドブレーカーが届いていない今は、薄いジャージの上下で朝晩の冷え込みに耐えなければならないのは酷というもの。
朝からずっと着たきりすずめで、部活で汗かいてそのままというのも風邪もらいやすい原因の一つじゃないのぉ・・・と母は実はとても疑っていたりします(^^;

本日、連れていった内科は私の住む市ではなく隣接する他市にあります。
我が家は上尾市さいたま市(旧大宮市)の境目にあるため、息子が乳幼児の頃にはかなり苦労しました。

というのも予防接種は上尾市内の病院でないと、当時は助成の対象にならなかったからです。
いくら近い病院があっても他市の場合、高い予防接種代金全額を負担しなければならなかったから・・・。

最近はそんな心配が不要な年齢になったし、丁寧にみてくれる女医さんなので、ここの医院がかかりつけに。
しかも付き添って行った私も一緒に見てもらえる大人・こども両方OKの病院なので、小児科専門ではないけれど我が家のホームドクターとしてお世話になっています。

朝9時少し過ぎに到着すると・・・あれれれれ?!
入り口から中に入れない。
ものすごい人の数・・・ソファに座れず立っている人もかなりいます。一体どうしたことでしょう?

咳き込んで額に冷えピタ貼りつけている赤ちゃん数名のほかは、特段どこかが悪いようには見受けられません。
でも・・・この混み具合の中にいたら元気な私もどうにかなりそう(^^;
ほどなくして謎は解けました。

待っている人の大半は高齢者。
また、同じ作業着姿の方が複数名おられたことから察するに、どうやらインフルエンザの予防接種の予約の方が集中していたようなのです。
具合が悪くて来院した人より先に、予約の方が呼ばれたりしているので、具合の悪い赤ちゃんがずっと待たされていたりしました。
うーん、仕方がないと思うけれど、何かいい方法ないもんでしょうか?

お医者さまは、既に病気になってしまった人の治療と共に、予防のための処方も行うわけですよね。
でも、今日みたいな状態で混雑してしまうと、既に病気の人も予防のために来た人にも、どちらにとっても良くないように思うのです。
健康な人は予防接種に来て風邪もらってしまいそうだし、熱が出て辛そうな赤ちゃんは待たされてさらに具合が悪くなりそうだし・・・。

幸いなことに、うちの息子はもともと体力があるので1時間待たされても具合が悪化することはありませんでした。
銀行みたいに「今何名待ちです。予想待ち時間○○分」みたいなこと事前に分るとありがたい。
でもって、できればそれがHPや携帯電話で事前に確認できたらいいのになぁ・・・。

最近、職場サイトの掲示板に、引越し後まだ日の浅い新米ママさんから「こどもの病院情報について教えてほしい」という質問投稿が相次ぎました。
たとえば「予防接種の受けられる病院一覧」は検索できても、どの病院がいくらで接種してくれるのかが分らない。

また「近接する市町村で利用できる皮膚科はどこでしょう?」も分らない。
その地に長く住んでいても、実はあまり知らないことが多い病院の情報。
必要なのになかなか入手できないこの手の情報についてのネット上での情報量の少なさが気になりました。

仕事サイトでこうした情報を細かく集め公開するのは差し障りがありそうなので、もし何らかの形でやるとしたら個人として、かなぁ・・・。
今はまだその元気ないけど。
息子が赤ちゃんだった頃、私も途方にくれて色々なお母さんに聞きまくっていたことを思い出し、良い方法があったら私なりにアプローチしてみよう・・・と漠然とアイディアを練りながら、息子のためにうどんを煮込んだ一日でした(^^;