読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

1月21日(木)の『ズームインSUPER』でTwitterが紹介されました

羽鳥さんの笑顔で始まる我が家の朝。
今朝も『ズームインSUPER』を見ていたら、「マルQ」のコーナーでTwitterを紹介していました。

まずはTwitterがどういったサービスなのかを、とーーっても短い時間で紹介。短い時間だからこそ、かえって「何なの、コレ?」的なインパクトがあったかな。
全く知らない人にも、大まかなイメージがつかめる導入で、ふむふむ。

次は「マルQ」恒例の街頭インタビュー。

「聞いたことあるけどよく知らない」、
「知ってるけどまだ使ったことない」なんてあたりが巷の認知度。

まあ、そんなところよね。
若い女の子のサンプル多かったみたいだし。

中には「ピスタチオ的なモノ?」って答える女の子も(笑)

おつまみじゃないんだけどなあ…。
なんとなく音の響きがビールのおつまみに合うスナック菓子っぽくもあり、彼女の気持ちはわからなくもないけどね。

すでに使ってる女の子の感想も何例か。
「がっちり読まなきゃ、返事しなきゃ、みたいな感じじゃなくて、ゆるいつながり具合がちょうどいいんです」。
うん、これ分かります。

円グラフで認知度を表示したあとは、有名人ユーザーの紹介。

鳩山首相や勝間さんが使ってますといういつもの説明のあと、なんとつぶやきシローさんのページが登場!
本人に電話でナレーションをつけてもらっての紹介。
ちょっとしたネタ披露で、地味に面白かった。

あとは一般ユーザー女性を使っての実験など。

出先で「昼食を何にしよう」、とつぶやいてリアルタイムで返事がもらえるかの検証。2人から返信有。

企業での活用例として、格安旅行の告知にTwitterを使って経費削減に役立てている話も。
外部に依託して大きなお金かけた宣伝ページ作ったんじゃ、割に合わなかったり、申込締切までが超タイトなケースにはなかなか有効らしい。
デフレスパイラルの中、企業も色々模索してるなぁ…。

締めは、カトキチページでつぶやいている方への取材。
とってもやさしそうな方だった。
温和な雰囲気が美味しい鍋料理が似合いそう(^〜^)。

今回の取り上げ方は、ほんの入口的紹介だったけど、朝のあの時間帯の民放放映だもの。結構反響あったんじゃないかな。
今朝の『ズーム』見て、つぶやき始めてくれる友達、もしかしたら増えるかもしれないo(^-^)o