読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

だまし絵はおもしろい

きれいなもの

午前中は「アロマジェルキャンドル作り」、お昼に「バイキング&ジンギスカン」を堪能した後、午後のひとときは「那須とりっくあーとぴあ」でトリックアートを楽しんできました。


那須とりっくあーとぴあ』は、3つの建物が点在しています。
今回、私達が立ち寄ったのは、その中のひとつ「ミケランジェロ館」。
世界遺産として有名な『システィーナ礼拝堂』をトリックアートで再現したエントランスに始まり、『ダヴィンチの間』、『ラファエロの間』など、ちょっとしたイタリア旅行気分のだまし絵が続きます。



横たわるキリスト。
絵との距離によって、足の長さが違って見えます。



立体彫刻のようですが、実は平面に描かれた1枚の絵。



画面から飛び出す迫力ある足。
額と足のどちらも平面に描かれてます。



トリックアートは、光のあたる角度によって見え方が異なります。
また肉眼で見るよりも、カメラのファインダーを通した方がだまされやすい。
デジカメを通して立体的に見えていた絵が、肉眼だとさほど…というケースもいくつかありました。



影の部分ももちろん絵。



手を入れると…。
ちょっとした仕掛けがあって面白かった・平面にかかれた「真実の口」。



2Fの床にもこんないたずらが…。



時間をかけて、じっくり見ないとわからないこんな絵も。


中学時代、美術部に在籍していたので、実のところ間近で見ると「どうなんだろうなぁ・・・」と思う作品が多かったのですが、「だまされる」ことの面白さを単純に喜べば、これはこれでなかなか楽しいひとときでした。
小学校くらいまでの純粋なこどもたちには、恰好の遊び場所かもしれません。


那須とりっくあーとぴあ
栃木県那須郡那須高久甲上ノ台5760
http://www.trick-art.jp