読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

『峨嵋山』の“麻婆豆腐魔法”が発動して不思議な出会いに恵まれた日でした

つれづれ

この日記を書いているのは9月最初の金曜日なのですが…(^^;
8月最後の土曜日、以前からお会いしたかった大切な方とランチをご一緒する機会に恵まれました。


ランチに戴いたのはコレ↓


都営新宿線『四谷三丁目』駅近くにある『峨嵋山』の「麻婆豆腐定食」。
辛さは、「普通」「辛い」「大辛」「激辛」「超激辛」の5段階から選べます。
私は「普通」をチョイス、席向こうのダンディさんは「辛い」をオーダーしました。


以前から噂には聞いていたけれど…。
うーん、この麻婆豆腐、何やら不思議な“魔法の粉”が混入されているんじゃないかしら。今まで食べたことのない味なんですよ。


どちらかというと辛いのが苦手な私でも、スイスイと匙がすすみます。
口の中に広がる香辛料の辛さの裏側に隠れた、いろいろな隠し味たちが時間差で舌の上で踊りだして…。


食べ始める前、「この量全部食べようと思うと、ご飯が足りなくなるよ」とアドバイスを受けていたのですが、ひと口舌先に乗せた途端、その意味がわかりました。口の中でじゅわんと広がり変化する味につれて、ついつい白いご飯を合わせたくなってくるんですよね。


案の定、麻婆豆腐が半分も減らないうちに、ライスのお皿の底が見えてしまいました(笑)
「おかわりする?」との魅力的なお誘いもあったけれど、これ以上、白いつやつやを眺めていると際限なく食欲魔人になってしまいそうだったのでストップw
付け合わせのザーサイやきんぴらも、とっても美味しかった(^^
四川料理は辛い」と、今までちょっと遠目に眺めていたけれど、このお店でなら辛さをアップしても大丈夫な気がします。この次は、もうひとつの名物・担担麺を戴いてみようかな。


美味しいランチと楽しいおしゃべりですっかり魔法にかかった私は、魔法使いさんと別れた後、東京駅に向かいました。『キタコレ!』をボーっと眺めていて偶然みつけた「映画パンフレットの世界展」(東京国立近代美術館フィルムセンターで9/4(日)まで開催)を見に行きたかったのです。


銀座線「京橋」駅からだと徒歩1分。
新宿線「東京駅」からだと、八重洲南口に出て徒歩10分。
少し距離はあるけど、せっかくの都内散歩。楽しまなきゃ、と、てくてくと歩き出しました。


すると…偶然にもJR「東京」駅構内(丸の内地下北口「動輪の広場」付近)で、毎日新聞社開催の「希望へ 〜復興の歩み〜」報道展(9/15・月まで開催)に遭遇。震災直後からの記録がずらっと並んでいました。ファインダー越しに切り取られた瞬間の数々を眺めているうちに、さまざまな想いがこみあげてきて胸がぎゅっとしめつけられ少し苦しかったけれど…



一枚ずつ心を寄り添わせるように見ているうちに、いつの間にか胸の中に力が湧いてきました。写真の中で笑っているこどもたち。力強く作業を続けるオトナたち。そこには、ただひたすら「生きる」ことに目を向け、歩みを止めない人たちの姿が映し出されていたのです。
写真から元気をもらって、ふと視線を動かすと・・・あら、何か珍しいものが・・・。



なんと、サボのチャリティーオークションが開かれていたのです。





サボを販売した売上は、チャリティーとして被災地に寄付されるんですね。
世代も性別も様々な方たちが、食い入るようにショーケースの中を覗きこんでいました。サボを眺めて、私もプチトリップ気分を味わえてなんだかうれしかった(^^


で、さらに、てくてく歩くと「キャラクターストリート」にぶち当たって。
テレビ東京のショップには『勇者ヨシヒコ』のコスチュームが展示されていましたよ(笑)


ずんずくさらに歩きます。



おお、なんと!
大好きな「バムとケロ」のグッズがたくさん陳列されているではありませんか!
しかも、ずっとずっと欲しかったケロちゃんのフライパンが(T_T)
すぐにでも購入したかったのですが、数日前、通販で注文かけてしまったばかり。
同じフライパンが2個あっても仕方がないので、ぐっとガマンガマン。
ほどなくして、やっと地上に出ることが出来ました。


ここで魔法発動!
八重洲ブックセンターの前を考えごとしながらボーっと歩いていたら、どこからともなく「まどかちゃん!」と呼ぶ声が。誰だろうと見てみると、なんと大学時代の友人でした。
お互い奇跡的な偶然の再会を喜び、それぞれの予定の地へと分かれて歩き始めて・・・


ブックセンターの傍には福島のアンテナショップが。
お客さんが大勢入ってました。



そして、漸く東京国立近代美術館フィルムセンターに到着。


入場料200円で「映画パンフレットの世界展」(http://www.momat.go.jp/FC/PANFURETTO/index.html
7階の「フィルム展示室」にて、9/4(日)まで)のほか、常設展の「日本映画の歴史」展も楽しめました。『007』シリーズのパンフレットが壁一面に飾られてたのは圧巻だったなぁ。当時、とても近代的に思えた『2001年宇宙の旅』のパンフがレトロ感満載だったり、外国のCDやDVDが添付されたタイプのもの、あるいは立体クラフトになってるものなど、様々なパンフレットを見ることが出来ました。モダンで斬新なデザインが多く、今後の上映会チラシを作る上での参考材料にもなりました。


さすがに歩き疲れて、足の裏がジンジンしてきちゃった。
『プールミッシュ』でグランマニエ入りのソフトクリーム食べて休憩。
甘すぎないオトナの味が舌先に心地よかったです。
ソフトクリーム食べて、元気回復♪


街はすっかり秋モード。
いつもはガチャピンみたいに落ち着きのない私だけれど、一足早い秋モードに物想いにふけって…


短い時間でさまざまな出来事や人に出会った一日でした。
たぶんこの「魔法の杖」が導いてくれたんだと思います。
ありがとう(^-^)