読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

欠かせない調味料の一つに『かき醤油』がある。
これは、実家そばの卸売り市場でしかこのあたりでは購入できないものなのだが、牡蠣のエキスがほどよくブレンドされていて、煮物にはモチロン、炒め物、カレーの隠し味に、と我が家では大活躍なのだ。

息子のふみやは、このかき醤油を浸した「焼きおにぎり」が大好き。
このところ風邪気味で、朝は食欲があまりないことが多いのだが、固くむすんだおにぎりの全面を、このかき醤油に浸し、両面に少々味噌をすりつけて焼いたおにぎりなら、軽く2つは平らげる(*^-^*)
今朝も、昨日の残り物の野菜たっぷり鍋にうどんをいれた汁椀と、この焼きおにぎりで送り出した。
毎日のように料理のどこかで活躍するアイテムなので、あっというなくなってしまう。早く近くのスーパーでも買えるようになるといいのに…。

先週あたりから、ウイルス対策に関する問い合わせを会員さんからたくさん戴いている。
ある会員さんは、ウイルス対策ソフトの無料体験版をいくつか試した後、正規の2004年版をインストールしようとしたら上手く行かず大変困っていらした。
よくよく話を聞くと、パソコンに元からバンドルされていた体験版が切れた時点で、Web上にある年度違いのバージョンを使用期限が切れるまで交代で使っていらしたらしい。
この「上書きが連続して行われた」状態が、古いバージョンをアンインストールする際に削除でききらないファイルを生む結果となり、せっかく購入した正規版がインストール出来ないでいるのだ。
先週の金曜日、本日、と上司1と共に会員さんのところに出向いて調整に当たらせていただく。

と言っても、実際に作業を行っていたのは上司1。
私は横にいて「ノートンの場合、これはこうだから」とちっちゃなちゃちゃを入れたり、難しい言葉が出てきたり会員さんからの質問があった場合の解説役。
溜まりに溜まっていたルーティンワークが山ほどあるので、実のところどっぷり同行仕事というのもきつかったのだが、上司1が普段外で会員さんにどれだけ丁寧かつきめ細やかなサービスを行っているのか、間近で見ることが出来てよかったと思う。

会議所の仕事というのは「掛け橋」だな、と思う。
自分たちが何かを生み出すのではなく、生み出す人達同士をつなぎ、街を活性化していく…そんな役割なのだ。
掛け橋がキレイな虹になったらいいなあ…といつも願う。
雨が降ったり、寒い風が吹いても、いつか空にはキレイな虹がかかり、おひさまが顔を出す。


『笑っていいとも』に加藤登紀子さんがゲストで出たときに「飛行機の上から虹を見るとね…丸い円なのよ」とコメントしていたけれど…良いことがぐるぐるみんなの回りを巡って、大きな一つの円になったら素敵だな。

『布なぷうぃっきぃ』に集まって、エネルギッシュに書きこみを残してくださっているみなさんのように(*^-^*)