読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

雨でも防災訓練


夕べから激しい雨が降り続き、今朝は九時前でもまだ雨足はかなり強い状態でした。
今日は町内会の防災訓練の日。
開始予定時刻直前も強い雨が降っていたので、てっきり中止と思っていたら訓練は予定どおり行われました。
一時避難所に代表委員、班長を中心に住民が集合。
その後、指定避難場所である小学校へ。
人員確認後、場所を地区会館に変え、消火訓練、心肺蘇生法を救命士の方に教えていただきました。
締めに婦人部のみなさんが用意してくれた炊き出しをいただき、昼少し前に終了。寒くて雨に濡れた訓練となりました。

写真は訓練の折りに着用していたヘルメットと、消火訓練に登場した「テストせんせい」。
天ぷら鍋に火が引火したという設定で、鍋の上に赤い炎の形のランプがともるデモ用の機械なのですが、なぜにこのネーミング…?
不思議な名前に苦笑しつつも「自分の目線より高い炎の場合は、初期消火をせず、すぐに避難、消防車を呼んで下さい」など、大切なポイントをしっかり教えて頂きました。
心肺蘇生法の説明の折り「心臓マッサージの力が入りすぎて骨が折れたら怖いから出来ない…」との感想が飛び出しました。
救急隊員さんは「もしも肋骨にヒビが入ったとしても、まずは命を救うことが優先。骨折は命を助けたあとに治せばいいのですから、怖がらずに救急車が到着するまで頑張ってください」との説明が印象的でした。
折りもおり、夕方四時過ぎ大きな地震が発生。
非常食を点検しなきゃ、とあらためて思いました。