読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

『TRICK劇場版2』観てきました

TV・映画・ラジオ

今日はさいたま新都心にあるMOVIXさいたまの「ファーストデイ」。
映画鑑賞料が1000円の日なのです。
一家揃って『TRICK劇場版2』を観てきました。

映画館っていつ行ってもワクワクしますね。

本編が始まる前の予告編が私はとても好き。
今日も『日本沈没』の予告編見てどきどきしちゃいました。
こどもの頃、村野武範さん主演で放送されていたドラマの印象が強烈に残っているし、小松左京さんの原作も読んでいるので、草薙くんがどんな具合に主人公を演じているのか見るのが楽しみ〜。
短い予告編ながら、手に汗にぎりながら画面に見入ってしまいました。

で、いよいよ本編の始まりはじまり〜。
全編テレビシリーズそのままのノリでした。
映画版になると豪華さを強調するあまり大仰に構えてイメージが変わってしまうことってよくありますが、今回の映画にはまったくそんなことなかったです。
テレビシリーズそのままに、おやじギャグ炸裂の上、あら・・・これは他局のあの番組のネタ?みたいなのがあちこちにちりばめられていて、劇場内はくすくす笑いの連続でした。

特に今回はCGが意味のある活躍をしていて、真面目に見ていた人は肩透かしをくらうくらいゆるゆるな仕上がりです。
ネタばらしになっちゃうといけないのでこの辺でやめときますが、オープニングからエンディングまで、一貫して流れている「消える」という現象を眺めるとき、普段何気なくわたしたちが「在るもの」と思っているものって、ホントにそこに実在してるの?なんて疑いも持ったりして・・・。

肩の力を抜いて、リラックスしながら画面の隅々にちりばめられた遊び心のアレコレもたっぷり堪能させてもらったので1000円はなかなかおトクだったかも。

でも、夫曰く「オレ、1800円出してはたぶん見なかったと思う」・・・なんとなくこの感想もわかるような気はしますが(^^;
「今日は贅沢して映画!」みたいな気持ちで見たい人には、ちょっと物足りないかも。

映画の公式サイトも楽しい↓
http://www.trick2.jp/index.html