読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まどろむまどログ   - 「快」を求める日々の記録 -

日々の暮らしを心地よいものにしてくれるモノ・コト・ヒトの記録です

金曜日、仕事の〆にバタバタと追われていた午後4時過ぎ…息子から私の携帯に電話が入った。
なんと、学校から帰ってみたら息子の自転車が「駐輪場にない」という。
息子の話を聞くと、鍵はかけていなかったとか。あほたれ〜。
朝、私が出勤する時間にはあったのだが…。
以前、隣の棟の奥さんの自転車が「しっかり鍵をかけてあったにも関わらず」やはり駐輪場から盗まれたこともあったので、鍵がかかっていないのなら盗むのに造作はなかったことだろう。

今年のお正月のお年玉で買い換えたばかりの26インチの自転車だった。
通勤に使っている私の自転車はもうボロボロで、先週末、夫にサドルと鍵を交換してもらい、「乗り心地がよくなった♪」とささやかに喜んでいたのに…(*^-^*)
まだ、ピカピカで乗り心地も悪くなかった息子のために、まず新しい自転車を買わねばならなくなってしまった…とほほ。

台風が接近していたため、土曜日は大雨。
日曜日の午後に入り、漸く雨が上がったので近くの西友まで自転車を買いに行く。
3階の売場はすでにクリスマスムード満載で、緑や赤の飾り付けが華やかだった。
エレベーターを上がってすぐの場所にあったはずの自転車は、こどもたちへのプレゼント売場に取ってかわられていて、ずっと奥まった家電コーナー脇に自転車が移されていた。

驚いたのは、6980円の自転車が売られていたこと。
うーん…今はこんな値段で26インチのオトナ用自転車が買えるんだなぁ…。
私用に買うのなら、これで十分なのだが、息子となるとそうもいかない。
予算が1万円以内だと伝えて選ばせたら、ギアなし8900円ではなくて、3段ギア付9800円の自転車を選んだ(^^)
まあ、スポーツ車をちゃんと買ってやることを考えると2万円は優に超えてしまうから、この程度の出費は仕方がないね。

盗まれた自転車は防犯登録を行っていたので、念のため東大宮駅前の派出所に届け出ておいた。
我が家の住所は上尾市になるのだが、住まいはどちらかというと「さいたま市」寄り。
普段の利用駅は、さいたま市内の「東大宮」になるので、盗難車が乗り捨てられているだろう可能性の高い東大宮駅前に届け出てみたのだ。

派出所の警官が詳しく説明してくれたのだが、こういう場合の調書はどこででも取ることが出来るそうだ。
但し、現場(今回の場合は自宅前の駐輪場)での「検分」を行わなければならず、それを行うのは現場所轄の警察になるとのこと。
うちの近くの派出所は、警官が巡回に出ていることが多く、不在なことが多い小さな派出所なのだ。
駅前交番ではわざわざ自宅近くの交番の不在を電話で確認してくれた上、とても丁寧に調書を取ってくれた。
調書への記入はもちろん被害者本人である息子が行う(^^; こどもだからって馬鹿にせず丁寧に応対して説明してくださった警察官のみなさんに感謝!

それにしても「このところ、自転車泥棒の被害がとても増えてるんだよね。とんでもない場所に乗り捨ててある。何が面白くて盗むんだかなぁ…」と、年配の警官がぼやいてらした。
本当にそうだよね。
目に見えない誰かの悪意は、いつどんな形で受けても気持のよいものではないから…。
息子の小さな心が暗く重たいものになってしまったことは、もう消えないのだから。
もし、何かやむにやまれず盗む事情があったのなら、使用が終わったら返してほしい!
といっても無理だろうなあ…。
そういうモノの道理がわかってる人なら、こんなことしないもの。
前の自転車から盗まれた自転車に乗りかえるとき「古い自転車にも思い出がいっぱいだから捨てたくないな・・・」と言っていた息子の言葉、泥棒に聞かせてやりたいものだ…。

※親サイト『気になるニュース』と『101Notes』に一つずつ追加。